2016年9月15日木曜日

写真でございます

9月の羽田の写真をアップいたします。

ご出演の皆様、ご来場者の皆様、スタッフの皆様、
心から感謝申し上げます!

2016年9月13日火曜日

インストと歌

羽田でのコンサートは
出演者さま、スタッフさま、
そして聞いてくださったお客様のおかげで無事終了致しました。

ありがとうございました。
心から感謝申し上げます。

写真は追って掲載させていただきますね!

シリーズ12の6回目である9月10日では、
大田区立羽田小学校2年生の合唱で、
ラストにユネスコ公式ソング「Peace of mind」を歌っていただきました。

これまでも羽田小学校様では、
何度か世界遺産トーチランコンサートで歌っていただきましたが、
今回は2年生の皆さん。

英語歌詞のほうを合唱くださいましたが、
暗譜(譜面を見ない)で歌っていただき、
奏者の皆さん初めオーディエンスの皆様も、
感心、感銘されていました。

澄み渡る元気な歌声は、
私にも、奏者にも、聞いてくださった皆の心にも
勇気と、慈しむ心と心の平和を与えてくださいました。

私自身は、楽器(インスト)だけの楽曲や
歌もの(自分でも歌います)等、分け隔てなく作曲してきています。
もちろん、一人で全て完結してしまうDTMも
映像音楽やアルバム等、TPOで取り入れます。

私のアルバムを聞いてくださっている方は、
この、城之内ならではの「混在加減(笑)」は、
とてもよくご存知でいてくださっているとおもいます。

その中でも、ユネスコパートナーシップ事業・世界遺産トーチランコンサートは、
これまで16年余り続けてきた私のコンサートから生まれたものなので、
大切なライフワークでもあります。

このコンサートを支えてくださっているのが、
スタッフの皆様はじめ、奏者の皆さんと合唱の皆さん、
ソロで歌ってくださる方々です。

その中でも、インスト(楽器)での表現でイマジネーションを
限りなく広げてくださる世界遺産トーチランコンサートオーケストラの皆さん、
各国のオーケストラ、民族楽器奏者の皆さん。

私の楽曲を魂から感じてくださって演奏くださる先は、
その「風景の音、魂の音、慈しみの音」があります。

彼らの演奏により、
私が曲に込めた思いや景色、時代を、
鮮やかにオーディエンスの皆様に伝えてくださる。

歌詞が無いのに、言葉以上に、
その演奏が心に深く語りかけてゆく。

「心の旅、魂の旅」へと、いざなってくださる。
イマジネーションが限りなく膨らんでいく。

この様に、いつも、
作者である私は指揮したりピアノを一緒に弾きながら、
私自身が譜面に落とし込んだ音符達が、
スーっと天に昇華するような、
そんな錯覚を覚えるのです。。。。

さらに、、、、!
ここに、歌や合唱が入る。

今度は歌詞がある分、また「人間の声の持つパワー」が、
奏者の演奏と相まって、
もっともっと明確なメッセージとして、波動が広がります。

お客様には、どのように伝わっているでしょうか。。。。。

私は、様々な国や地域、場所で、
この世界遺産トーチランコンサートを実施させていただけていることに、
心から感謝しています。

本当に嬉しく、感謝しかありません。
嬉しい、感謝。
これ以外の言葉が見つかりません。。。。。

ことに、
羽田空港国際線での世界遺産トーチランコンサートは、
全世界の空港で初の、ユネスコの公式事業としてのコンサートで、
とても貴重な場面でもあります。

羽田の空から世界の平和と、
全人類の共通の財産・世界遺産保護の重要性を分ち合う本コンサート。

東京インターナショナルエアターミナル(TIAT)合唱団様の
有志で行なう、歌詞の手話も、
この場所で世界遺産トーチランコンサートをさせていただく意義を
より明確にしてくださいます。

この日は、第8代ユネスコ事務局長の松浦晃一郎さまとの
世界遺産ミニトークもありました。

上野西洋美術館が世界遺産登録となり、
これにまつわるお話〜世界遺産の現状をお話くださいました。

これからも世界遺産トーチランコンサートは、
出演者の皆様、お客様、スタッフ様、
そしてユネスコ本部とともに、
第8代ユネスコ事務局長・松浦晃一郎様とともに続いていきます!

皆様に心から感謝を申し上げます。

2016年8月18日木曜日

羽田シリーズ12 8月!

恒例のユネスコ・パリ本部公式パートナーシップ事業
世界遺産トーチランコンサート/羽田空港国際線でのシリーズ12も、
8月で5回目の開催となりました。

いつもご準備くださるスタッフの皆様、
空港のトーチランコンサート関係者の皆様。

出演くださる奏者の皆様。

そして、毎回楽しみにお越し下さるお客様、
ご出発の合間に、ふと足を止めてくださるお客様。

そして、ユネスコ・パリ本部との公式事業として
城之内のユネスコ平和芸術家の音楽活動と、
私の16年来続けている国内外でのコンサート(つまり世界遺産トーチランコンサート)
をご支援くださるユネスコ・パリ本部の皆様。

皆様のおかげで続けてこられているこのコンサートの醍醐味は、
わたしのオリジナル楽曲を演奏くださる国内外でご活躍の奏者様の、
素晴らしい演奏と美しい合唱です。

そしてTIAT合唱団様有志による手話の振り付けも、
羽田の空から世界遺産保護の重要性と世界の平和、空の安全を祈念する意味を、
大きく物語ってくださっています。


欧米で自作アルバムがチャートインしてから、
各国からのオファーにより続けてきた私自身のコンサートが、
ユネスコ・パリ本部の公式事業として今日に至るまで、
その様々な場面が、羽田空港で演奏させていただくたび、感慨深く蘇ります。

それは、国際線の出発ターミナルでの演奏ということもあるのかもしれません。


これまでの様々な方々との出会いに感謝の念が強く沸き起こります。

まだまだ続く世界遺産トーチランコンサート。

また会場でお会いしましょう!
心からの感謝をこめて。













2016年8月3日水曜日

2016年7月28日木曜日

懐かしい音色

恒例の世界遺産トーチランコンサート羽田空港国際線シリーズ12。

今年4回目になる7月のコンサートでは、
ブレーメン フィルハーモニーのオーボエ奏者、長岡大輔君が参加くださいました!

彼は私の中学の同級生。

帰国の際、羽田を使用することがあって、
このコンサートを知りぜひ一度演奏したい!という大輔君からの嬉しいオファーが、
ついに実現したのでした。

昨年、文藝春秋のグラビア「同級生交歓」で、
母校の東邦音楽大学付属中学高等学校にて、
取材を受けたばかりでした。

自分が望む音楽の方向性を貫くことが出来て、
お互い、本当によく頑張ってきたよねと
大輔君。

出来立ての曲を演奏していただいた中学の頃の
あの美しくも深い大輔の音色は、
さらに輝きを増し、十数年ぶりの共演を喜び合いました。

そしてもう一人の素晴らしいゲストは
サワン ジョシさん!
シタールのステキな演奏をいただきました!

私の宝物である
素晴らしい奏者の皆さんの、極上の演奏を聞いていただくのも、
このコンサートの大きな魅力だと自負しています!

写真は、また改めてアップしますね!!
今日は友人のカヨちゃんが客席から撮ってくださったものを列挙します!

ご参加くださった全ての奏者の皆様、
スタッフの皆様、そしてお客様に心から感謝を申し上げます。



シリーズ12は、まだまだ続きます!